熊本市下江津にあります最先端の眼科医療・手術を専門とする眼科クリニックです。
「目で困っている方を一人でも多く治したい」という初心のもとに、約19年間眼科診療に没頭してまいりました。特に11年間の熊本大学病院勤務では専門外来チーフとして、通常の白内障手術はもとより硝子体手術(黄斑上膜、糖尿病網膜症、網膜剥離 など)、斜視手術を多数執刀し、関連病院での手術や手術指導も行ってまいりました。今後はこれまでの眼科専門医で得た知識と経験をもとに、幅広い最新の眼科医療を提供できるよう献身的に努力してまいります。目に関するお悩みなら当院にお気軽にご相談ください。


平成11年 熊本大学医学部卒業 同大眼科所属
平成12年 熊本中央病院眼科
平成17年 京都大学ウイルス研究所感染防御分野 博士研究員
     「緑内障と加齢黄斑変性症の基礎研究」
平成18年 熊本中央病院眼科
平成19年 熊本大学医学部付属病院眼科 助教
     「外来医長・病棟医長」を歴任
     「網膜専門外来チーフ・斜視弱視・未熟児専門外来チーフ」を担当
      平成27年度手術実績 
      459件/年 (292件/大学病院 167件/大学関連病院)
      平成28年度手術実績 
      474件/年 (319件/大学病院 155件/大学関連病院)
平成29年 いのまた眼科院長

[免許・資格]
医学博士学位 日本眼科学会認定専門医 PDT認定医 身体障害者認定医
[所属学会]
日本眼科学会 日本眼科医会 日本網膜硝子体学会
[専門領域]
一般眼科・白内障・網膜硝子体疾患(加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症、網膜剥離)・小児眼科・緑内障


 
いのまた眼科で私たちが地域の皆さんに最も提供したいことは
「心地のよい医療環境と最先端の医療サービス」です。
それには次の4つのことを実践したいと考えます。



◯患者様を第一に考え、リラックスできる環境を作ります
◯症状に関する悩みをスタッフ全員で共有し、治療に関しても包み隠さず話し合います
◯誠実で真心のこもった医療を行うために、現状に満足せず常に研鑽を重ねます



◯すべての画像•データを提示しわかりやすい説明を行います
◯手術室にモニターを設置し「見える医療」で透明性の高い医療を行います
◯データーに基づいた医療を提供し、安心や信頼を得られるように努力します



◯患者様への安全管理を常に徹底します
◯常に最先端の知識・技術の修得に努めます
◯患者様の時間的•経済的リスクを最小限に抑えて完治を目指します



◯基幹病院、他の診療科と緊密に連携に取り組み診療にあたります
◯眼科領域の学会に積極的に参加し、常に質の高い医療を目指します
◯眼科医療を通じて、地域社会の発展に尽くします



   
HOME院長紹介・理念目の病気について院内設備について ▷院内設備 ▷医療機器
外来案内について ▷外来診療のご案内・流れ ▷手術についてアクセス日帰り白内障手術日帰り硝子体手術
〒862-0960 熊本市東区下江津4丁目1-21 TEL.096-273-8823 FAX.096-273-8825
Copyright© 2017 いのまた眼科 All rights Reserved.